どうするよ、これから

30代 独身 

日記

私のブログのリンク先にある、東北を代表するブロガーさんが、大学入学~新卒で入った会社の時の事を振り返っている。以前より彼のブログは拝見していたのだが、新卒~30代初めの頃の話を聞いた(ブログでみた)事はなかった。正直なところ彼のブログに興味を持ったのは、私自身が仕事があまりにもできなさ過ぎて将来不安に感じていた時、たどり着いたというのがある。はじめの頃ざっと経歴で、少しその部分を触れていたが、詳しくはわからなかった。
私がそもそも興味を持った部分がその点だったわけだ。もちろん最近の仕事は順調のようだし、前職や前々職の心労もうかがってるが、気になるのは20~30代前半まで、つまり私が見始めた頃~今過ごしてる年齢の時はどういう心境で過ごされていたのかが気になっていたのだ。
まぁ、単純に読者としての興味としての部分もある。

友人はみな仕事で管理職、結婚して子供がいる・・・この点は私と全く同じだ。自分だけ人生が進んでない。
しかし、最初に選んだ仕事が営業だったとは意外に感じたが、ただ友人も多く人当たりは良さそうだし、よく考えてらあり得る話だ。
だいたいそうだが、人生うまくいってない界隈の人ってまず、友人、知人の話があまり出てこないものだが、この方は違って忙しい。誘いが多そうだ。
私は最近、友人達が仕事でもプライベートでも違う段階へ行ってしまってる事から、会うのが億劫というか話が合わないから気が乗らないもんだ。
そんな事よりデートがしたい・・・・。

話がズレていくので戻すが、
彼は、設備管理、よくいうビルメンと言われる仕事をしてる。ブログを見る限り順調のようだ。
私は、以前記事に書いた事があるが、ブログを始めるのも、実のところオフ会でお会いしたい方が3人いてその方々に会うきっかけのためだった。
1人はまぁ、何回も出てきてる、デスモンド氏で、もう人方は、ミラクルでグレートなこのお方。
もう一人の方もこの4月より、ビルメンになられたようだ。多趣味な彼もまた魅力的な人だ。
ただ、私は今の職業でこの先ずっと生活していこうと決心したので、中々ビルメンという職業を知る機会は減ると思うが、陰ながら、お二方の設備管理ライフを応援したいものだ。
今の会社でも自前というか子会社かな、関連会社なのかな、設備管理の会社があるんだけどね。

まぁ、私は一生懸命やって電工と電験落ちましたので、適性みたいなのはなかったんでしょうね。
これから、電工2種受ける方いましたら、道具あげます・・・・ケーブルもたくさん残ってますよ・・・・誰も要らないよね~正直処分に困ってるわ、見るたびに変な気分になるからな~どうしようかな~

最後に、私がお会いしたい方3人は男ですが、そっちの気は全くありませんのでね、一応誤解のないように伝えておく。



朝晩は涼しいというか、寒いものの段々とあったかくなってきた。湿度が高くデブにはたまらなく不快な季節だ。
まぁ暑くなってくると、みなさん薄着になりますので、いい季節ですね。

健康な男子なら中学生の頃は、もう女性の体に興味津々ですよね。他は知らないけど通ってた中学校って夏服の制服がよく透けてました。男子みんなでテンション上がって話してたのは覚えてますが、その当時は別に普通と考えていたんですけど、今考えたら変な話ですね、まぁ、暑いから仕方ないというのもあるんですかね。
大人になって、常に透けてる人って見ないもんね。

話をかえると、
今また少し転職について考えております。以前より同業の友人の話を聞くと、今のところより条件がよいところがいくつかあるので考えてみたらというのがありました。
これからは色々と淘汰されていくのは想像しやすく、体力のないところは厳しいような話だった。
私は、正直これ以上望む事もないし、今のところは環境も悪くない・・・それに早ければ、来年にも役職がもらえそう。逃げないでチャンスがあるなら、チャレンジしてみたいというのがあるんだ。だから大事にしたい気持ちもある。
でも正直、先々考えると、もう少し大きい所に移っておくというのは、何も間違ってないとも思う。
間違いなく収入は増えるだろうし、もう一つの目的としては結婚したいというのがあるから、収入があるに越した事はない。
ただ、仕事がロクにできもしないのに、見合ってない給料をもらうのは申し訳ない気持ちがある。
もちろん頑張って努力するのは当たり前なんだけど、雇う側からすれば、頑張ろうともそうでなくても、見合った仕事をしてくれるかどうかが肝心だよね。私ならそう思う。
どうしたものか、やはり今置かれて状況で精一杯生きるのが正解な気がしてる。

婚活の方なんだけども、前途多難だね。他の婚活ブログを見てても長期化してるものが多いし、結婚します~みたいなのは少ないよね。
私はまだ、1回面接の1回キャンセルという状態です。
もはやリハビリの様相を呈してるよ。
1年と言ってみたものの、実践は辛い。


三年ブログを書いてる人がうまくいかないのも理解できるよ。
応援はしてるんだけどただ、他にやる事があるのにTOEICに時間を割くのは理解に苦しむ。

今日も不快な発言をお詫びいたします。










今まで何か一つでも成し遂げた事ってあるのかなって、ずっと考えていた。
こんな事思う前に、前向きに考えないととは思うが、時々空しさがくる。

本当に一つでもなんでもいいから誇れるものはないか、自信を持って言える事はないのかと・・・
何も思いつかない。何にもできない。

小さい頃~中高大~社会人・・・続いた事ってあるのかな。大会やら発表会とか部活とかサークルとか仕事とか・・・
趣味すらない・・・信用ももちろんない。
空しくなる、さらに気分が落ち込むので過去の事はなるべく考えないようにしてる・・・つもりだ。良い事なんか何もない、でも時々今日みたいな日がある。
すべて何しても意味がない気がしてくるのだ。明日になれば何とない事だがね。

最近は控えていたが、PATで馬券を買う。3歳マイル、知ってる馬が少ない。
去年、無職の時に地方競馬をよくやっていた。その時聞いた名前のリエノテソーロ、エーデルワイス賞やら2歳優駿強かったよね。ダートと芝の違いが気になったが、最初は芝を走ってるし・・・と思いながら
特券か豆券か迷う。人気もないしハズれるだろうと思い、ワイドの豆券にする。
横になっててそのまま少し寝てしまった、起きたらレース終わってた。
結果、600円が6,400円になった。
空しかった。
そのあと、テレビで日本選手権競輪がやっていた。京王閣か、行った事ないなとか思いながら・・・
ここでヨーロッパきたら面白いな~と思って頭を人気どころにして。2着をヨーロッパにしてみる。結果、せっかく2着に8が入ったのに、頭が知らない人だった。
6,400円が400円になった。
もう予想とかそういう話ではない、新聞買ってないし、競輪なんてパスワード何だったっけ?状態だったし。
学生の時から、公営競技が好きだったはずなのに、今は名前の知らない馬や選手が多い。

現地に行けば多少興奮するんだろうけど、それは一緒に行く人がいるからなんだろうね。
最近の自分は賭け事は、趣味と呼べなくなってきた気がする。

以前、3年の期限を設定して、目標への取り組みを書いてるブログの事を書いた。英語の勉強が主な内容になってる人、その時少し否定的な書き方をしてしまったので、記事をすぐ消したんだけどね。

正直言えば今でも、結果は出てないし、他の事に注力すべきというのが基本だけど、いろいろ考えてしまうよね。
彼もタイトル通り、何もない人生だったような事を書いている。その中での英語の勉強・・・動機は何でもいいんだろう、こうやり切った・・・周りに何言われてもやり切った・・・これが大事なのか・・・

でも自分自身はそういう部分はあるものの、それよりも結果が欲しい、今で言えば仕事か、成果が欲しいのか。。。。。。。。、、
やっぱり、肩書やら給料とかではなく、信用やら期待に応えられるだけの実力が欲しい
・・・とお嫁さんがほしい

なんだ、はっきりしてるじゃないか、欲しいものちゃんとあるんだよ。
ただ、どうしていけばいいかわからないだけなんだね。


今日も、気持ち悪い文章になって、不快な思いをさせてしまいお詫びいたしますが、訂正はいたしません。

















先日の記事で炊飯器が米を炊かない事を書いた。
12年程使っていたため寿命化と思っていた。前回の記事からしばらく炊かずにいたんだけど、私はどうしてもご飯が食べたいため、パンやパスタで代用していたがもう限界、パックのご飯も割高だし・・・炊飯器を買おうと思ったが捨てる前にもう一度と思い、お釜の真ん中のところを掃除してみたり、ガチャガチャ押しまくってから炊いてみたら、どうやら炊けるようだ。ただ、音がね・・・以前とちょっと違うような・・・まぁいいか。

いいね~ご飯。お米が一番だよ、日本人。
私は、朝はご飯が好きですね。どうでもいい話ではありますが、なければあるものを食べますが、許されるならご飯がいいですね。お米が一番

やっぱり、日本人はお米を食べる方が体には良いのではないかと思ってます。根拠とか別にないですけど、何となく勝手にそう思ってます。
やっぱり日本はお米の国ですよ。漢字で書いたらね、アメリカですけど・・・

ここ数日、少しオシャレしてパンやらパスタ食べてましたけど、気のせいではありますが気分的にすぐれませんでした。
先日、知人とファミレスに行った時は、セットはパンとご飯から選ぶスタイル。知人はパンを選んでいました。
勝手なイメージですけど、女性はパン選ぶし、パスタとか食べますよね。

勝手な妄想してますけど、もし結婚できたら朝ごはんが、パン派だったらどうしようかと・・・
厳しいな~毎日は辛いな~。
理想はかつ丼やら牛丼とかガンガン食べる人がいいな。
パ~ン~ケーキ~とか言わない人がいい。

でも、お菓子は和菓子より洋菓子が好きです、はい

あああ、余ったよ、スパゲッティー。どうする。












デスモンド氏のブログでシンデレラになりたいというような動画がリンクされていて見ていた。
顔にコンプレックスのある人は多いだろう。
感想としてはデスモンド氏が述べていたものと同じような印象を受けた。

冒頭の人の説明で、顔のコンプレックスの話をし、その流れで高校中退後、これといった仕事に就くことなく19歳・・・母にぶつける・・・・のような説明。
何なん?コレ・・・いやいや、ね。不細工だと思うコンプレックスを持ってると、そうなの?それだったら世の中大変だね。
ナレーションの男の子の千葉君を調べてみる。イケメン、女性に人気のでそうな優しい感じの人だ。
冒頭の言葉・・・生まれ持った自分の顔を好きになれない女性がいます。・・・・・・
おいおい、なんだかな・・・そんなやつ男女限らず、そこら中にいるよ。
逆に、生まれ持った顔が好きすぎてたまらない女性がいます。って人特集してよ。見る人減ると思うけど、私は見るよ。生き方としては参考になるだろうし。
あと、音楽ね。いかにもそれらしい音楽流すと、その雰囲気に流されてみてしまう事も多いので、冷静に見れない。
こういう番組の時は、一回でいいから、全部ドリフターズのテーマでやってほしい、また違う印象で見られると思うし、私はそれに流されずに見れるのかどうか試してみたい。

魅させて、疑問を抱かさ揺さぶる・・・番組構成なのか・・・わざとこういう感想を抱かさるような作りが重要なのね。

もう、最近、素直にこういうの見れない。まぁ、結構昔からかな。
貧困をテーマにした特集も見れない、というか見ない。
コメンテーターの人がいかにも寄り添うようなコメントをしてるのに、さぶいぼだ。
特集された人は、優雅な生活してるコメンテーターにスタジオで本位でない事色々言われて見世物小屋。しばしばやらせの話も聞く。よく役人は現場を知らない、現場に則してない、とか言われるが、コメンテーターの人も、実際現場で困ってる人からしてみたら、何を今更知った事のように言っとるんだ?って思う事多いんじゃないかな。まぁここは想像だけどね。

取り上げられる事で変わる事もあるだろうから、何もかも否定的というわけではないのは伝えておく。

話は戻して、
私も悲惨な顔面してますから、憧れますよね、イケメン。
今日のブログのタイトルで一度は憧れるというのは、イケメンの話ではなく、一重の話だ。

私も残念ながら一重だ。今はもう何も思わないが、一重の人は二重に憧れる人が多いんじゃないかな。
そうでない人もいるとは伝えておく。

日本人って一重の人の方が割合としては多い印象だ。よく知らないんだけど、実感としてね。
特に女性は目をがっちゃんってするやつ使ったり、色々書いたりするからわかりにくくなってるけど、よく思い出してほしい、今の中学生とか高校生は知らないけど、私の時の中学の時ってそこまでガッツリ化粧する子ってホント少なかったと思う。でよく思ってたのは、ほとんどは目が小さいし一重という人が多かった。というか遺伝的にそういう人が多いのだから、それが普通なはずだ。
印象としては、ばっちり自然な二重って3割もいるのかな~、

昔は確かに二重っていいな~って思う事もあった。家族を見ると、母と姉は二重、父と私は一重だ。二重が優性遺伝と聞いて、母は二重なので、父が一重でも二重になりやすいのかと昔は勝手に思ったが、そんな単純な話でもなかったのか。
おまけに、私の印象としては、知的レベルも人間的にも我が家では母の方がデキがいいと感じる。ただ、父はそう思ってないのが態度に出ていて、なお痛い(>_<)
姉は母より、私は父より・・・この差はデカいと、高校の時に思った。

今となっては、そんな事言っても仕方ないとは思うが、もし叶うなら・・・とは思う時あるよね。
持ってるモノで戦うしかないのだが、顔も頭も才能もない仕事もできない・・・実践は辛いわ

そういえば、スキーのジャンプする女の子・・・目の化粧の重要性を再度みなに伝えた功績は大きいと思う。

今日も、一部不快に思われる表現があった事をお詫びいたします。






↑このページのトップヘ