転職する時いつも誓う。
奢ることなく自分自身の能力向上に努め
他人を意識しすぎないこと。

流石に大きい会社だけあり、その中の社員の人達を見れば、やはり違いを感じざるを得ない。

忘れてはいけない、私は環境がいくら変われど仕事はできないのだ。

私は末端の人間ではあるが、今までの職場では関われない程、できる人がいる。
というよりは、直接関わることのない上司ではあるが、雰囲気が違う。
周りに聞けば、かなり若く出世しているようだ、本社上層部に行く日も近いような話を聞く。
周りの部下は皆年上という状況でやり難くはないのだろうかと。

人間的にもできているようで、私にも声をかけてくれる。



環境を変えれば、きっと何か変わる。
なんて、自分自身で思っているうちは変わらない。
大事なのは覚悟だけ。
変わる覚悟がなければどこでも同じだろう。


そろそろ一週間か。
クビになる雰囲気にはなっていないが、きっかけ一つだろう。
どうもここ数年は入れ替わりの多い職場と高齢化ですぐに人が来ない状況では無理もない。
でもやるしかない。



さて、話がそれるが、、
結婚相談所に行ってくる、独身証明書なんて初めて取り寄せたよ。

またそれて、
最近緊張で寝られない事が多く、眠りが浅いのか夢をよくみる。
過去を振り返る事があまりない自分。
というか暗くなるので考えないようにしてるんだが夢でみる。
今の仕事を選ぶというか、考えたのは高校の時。
少し記事に書いて消したが、小さい頃というか結構、大きくなるまで割と運転手に憧れてた。
電車の運転手ね。

ご存知だろうか。
鉄道や航空関係は色覚異常者には厳しい業界。というか実質採用されないと思う。
もちろん、パイロットや運転手にも法的になれないし、整備もつけなかった様な気がする。

高校の時に色覚異常者は電車の運転手にはなれない事を知って、だとしたらどうするかと考えた結果が今の仕事だった。

ちょうどその時の夢を見たよ。

あの時は色々頑張ってた気がする。
今も頭は沸いてるが、当時はアホ学校だったが、勉強も頑張ったし部活も遊びも一生懸命だったと思う。
進路変更になってしまったが腐らずに、勉強して大学にも入った。
名前は伏せるが、勉強しないと入れないし卒業もできない大学だったように思う。

どうも17〜20くらいまでが、身の程も知らずに、何でも前向きだったんじゃないかと思うよ。
あの頃の感覚って何となくいい思い出だね。
にしても落ち着く日はまだまだ遠いね。


しかし色覚異常と言われるが、自分が見ている色は、正常の人が見ている色とは違うといわれる。
時々、普通の人はどういう色の世界なんだろかと考える時があるよ。
一生わかる事ないんだろうけどね。
不思議だよ。