私は関西人ではないのですが、東京では伝わらない関西弁として、遠慮のかたまり、蚊にかまれる、ぐねる、アテ、いがむ、
があるそうで、ん〜どれも普通に使われてるんだと思ってたよ。

うわ〜遠慮のかたまりとか、蚊にくわれたわ〜とか、足ぐねったとか。アテはおつまみかな、それかアテがあるから聞いてみるとか、そんな感じの意味だと思ってる。
いがむって、いがむしかないと思ったけど、普通はゆがむ、なのかな?
東海地方というか京都あたりの言葉なのか知らないけど、えらいって言葉は普通は偉い人みたいな言葉らしいが、この地方だと、体がえらいって使う。
自転車はチャリじゃなくて、けった  という人もたまにいましたね。
いろう、さら、とかも伝わらないね。
私はさすがに駐車場をモータープールとは言わないな〜意味はわかるけど、

面白いですね。
ただ限定した地域にしか住まない人は気づきにくいですよね。

あとよく聞く話で、関東の人はバカよりアホって言われる方がキツい感じをうけ、関西の人は、その逆と言われますよね。

私はまぁどっちにしても、アホでバカなので、何とも。
どっちかっていうと、バカって言われる方がキツく感じるかな〜。


私も関西人の友人が何人かいますが、彼らから、なんでやねんって言葉は聞いたことない。
イントネーションとかは関西人だなって、すぐわかるけど、

なんでやねんって聞いたことない。
よくふざけたりするやつもいるけど、なんでやねんっていう友人っていない。
なんぼっていう友人もいない。
おおきにっていう友人もいない。
あれっ、オレって友達いなかったんだっけな?

と言っても、友人はみな大阪ではなく、奈良や和歌山、兵庫といった感じなので、大阪の喋り方とはまた違うのかな。

逆に東京でしか通じない言葉を知りたいな、面白そうですね。