昨日の続きになる。
婚活にやる気を出し始めた今日この頃、どういう人と結婚したいんだろうかと考えていたら考え抜いた結果、実はそんなに結婚したいとは思ってないのかな、とさえ思えてきた。

どうも実際は、このまま一人ではさみしいだの、老後が心配だの、両親を安心させたいだの、周りがみんな結婚してしまったのだの、とまぁ、自分本位な考えが基本である。
それに、私の場合は仕事ができないので、すぐ逃げ出したくなる。そうすると、結婚して逃げられないようにするだとか、生活を安定させるためとか、これもまた、??ともなる。

今は全くないが、
単純に、この人が好きだから、一緒に居たいし幸せにしたい、だから他の事も頑張れるみたいなね。
という感情が婚活を通して出てくる事を願いたいもんだ。
いい歳して何を言ってるんだという感じだがね。

昨日の続きで、実際どういう人と結婚したいかという話を書いたが、昨日まででは長女というのが一つポイントみたいな考えで終わってしまった。好みというよりは、傾向として惹かれやすいのはわかった。
今日は、どんな感じの人がいいかあげていこう。

冴えない男の好みの話なんか興味のない方はここら辺で閉じてくれ。




容姿の好みはまた次回書くとして、

第一にしっかりしてる人がいいねよね。頼りがいのある人。
うん、コレって女性が男性に求めるものの上位な気がします。ええ、私には全くないものですね。
私は頼りない人の代名詞みたいなものです。よく言われる言葉は、ちょっと、、、何やってんの?しっかりしてよ、です。

次に、やはり明るく元気な方がいいですね。私はもうほっとくと段々暗くなって沈んでいってしまうので、やっぱり明るい方がいいです。よく話しかけてくれる方は、もうそれだけで惚れます。

後は、なるべく私より頭の良い方がいいです。学歴とかはどうでもいいですが、少なくとも私が頭の沸いてる人間なので、ここでさらに私より頭が沸いていたら、もう悲惨ですよ。
流石に、結婚と考えるといろいろ大事な選択をする場面が出てくる時に、まぁ、いいんじゃね?って感じでテキトーにいってしまうと、対応力のある人間ならいいけど、私みたいな何もできない人間には大変な事になってしまいます。
この頭の良さを求めるのも、どちらかと言えば女性が男性に求めるものですよね。ええ、私にはそんなものありません。よく言われる言葉は、ちょっと、、、何やってんの?バカじゃないの、です。
しかし、私は相当なもんなんで、この点はしっかりしてる女性もたくさんおられるので、無茶な話ではないですね。

今日はここらへんにします。

昨日少し調べたんですけど、男性は頼られるのが心地いいらしく、それを心得てるのは末っ子の女性というのを読みました。
これは、世間の男性一般の話なんでしょうね。
例えば、頼み事をするときも、上手に甘えて頼んで、男をその気にさせるのがうまいとかね。

んん~~ない、ない。

私に頼み事をしてはいけません、余計に仕事が増えますよ。
己で、何とかしてください。カッコがつくカッコいい人がやってあげてください。



しかし、こう考えるとアピールできるトコなんて何もないよ。