どうするよ、これから

30代 独身 

2017年04月

そうか、やっぱり何かが足らない。
少し政治っぽい話でも入れてみれば、このブログも少しは雰囲気変わるかな。

私は常にお伝えしているが、頭が沸いてる人間なので難しい話はできない。

なので思った事を短く伝えてみる。

小池さん・・・舛添さんや猪瀬さんの方が、結局都民ファースト^_^

私は都民ではありません。
まぁ元々都民ファーストではなく小池ファーストって言われてますから、今更ですがね^_^

舛添さんや猪瀬さんはお金の問題で追われました。確かに心情的にはこの方々に知事職などはとんでもない、、と思いますが、、、しかし
小池さんは市場やオリンピック問題などの問題点を、掘り起こして散らかしてぶん投げてる感じがします。
市場などは、さっさと移転してしまえばいいのに、厳しすぎる環境基準など意味もなく不安を仰ぐだけだし、土地購入時の問題も色々あるけど、移転後でよくない?
えっ?まさかこのまま移転しないの?
今までの問題や費用は過去の人の責任です。で終わりなのかな?
しないならしないで、早くやらないと維持費用すごいんでしょ?
ここまで騒いだら、もう風評被害なんてどのみち出てるでしょ。実際はそういう話が出ないよう早め対処するのが仕事な気がしますが。
さすが都民ファースト。

問題点を指摘するのは、コメンテーターさんでもいいわけで、結局、実行解決するのがお仕事なわけだ。期待はそこにある。
民進党さんも、安倍さん叩き頑張っておられます。でもみんな安倍さん退陣させても民進党さんには政権担当能力と期待もないので結局、自民党の誰かがやる。自民党も安倍さんが一番実行力があるのわかってる。
野党は批判が仕事ではありますけど、いつもイキイキしている時は少しズレてる気がします。
まぁテレビがそういう部分ばかり取りあげますから、仕方ないのかもしれないですね。

うーむ、やはり何も知らない私が政治の話などしない方がいいですね。
因みに私は無党派層というか無関心層ですね。
あくまで書く事がない私の思いつきです。小池ファンや民進党ファンの方には気を悪くさせるかもしれませんが、ご容赦下さい。





行くつもりはなかったんだ。

私の就職を機に同級生ではあるんだけど、その道の先輩になるので業界の事を聞くために大阪に行っていた。昼飯を食べがてら、聞きたい事を聞き、今後に活かすため有意義な時間とすることができた。
ここまではよかったが、阪急の乗り場の前に大阪杯(旧産経大阪杯)の案内をやっていた。
私は行くつもりがなかったんだが、友人が見に行くだけというのでついていった。
まぁ、見るだけというのはとても難しい話だ。友人と検討する。
私の意見は軸をキタサンブラックにし、今しか輝かないであろうヤマカツエースを入れ、サトノクラウンは2,000m着があまりよろしくないので外す。その中でアンビシャスとマカヒキどちらかにしようと結論に至った。
結果、マカヒキどころかアンビシャスもこず、来たのはステファノス本線は外れた。
しかし、ヤマカツエースからのワイドを10枚ずつ持っていた。18倍をゲット。
勝ちが薄い・・・

友人は何故かステファノス絡みの3連複を20枚持っていた。
ただ色々買い込んでいたらしくプラス5万程とのこと。

問題はここからだったんだ。その後夕飯を食べた後、友人は料亭に行きたいと言い始めた。私は風邪を引いているのと勝ち分は3,000円しかないので何ともならんと断った。
しかし奢ると言われたため、一瞬気が乗る。
迷ったが友人の勝ち分を20~30分で溶かすのは申し訳ないと思い。ナイターに行こうと提案した。
私が勝ったら、その分は自分持ち、当然。友人が当たったら奢り・・・というこの時点でもう頭の中はどちらかが当たる事が前提で会話をしていた。

そう結果は二人とも吹っ飛んだ。料亭どころか特殊浴場も行けただろう分が、1マークですべて吹き飛んだのだ。
イン狙いで乗り込んだが、展示の段階で進入に動きがあり、1つ前のレースの雰囲気から白は1マーク踏ん張れないとみて頭を切った。
で本番は外枠の進入が浅く、白は思いのほか深くならずにイン逃げ・・・終戦だった。
清々しかった。

御堂筋線に乗った時友人は、大国町で乗り換えず、動物園前がいいと言っていた。今思えば私も素直に動物園前について行けばよかった。本当に変な提案をしてしまった。
帰りの電車の中では、なぜ大国町で乗り換えてしまったのか、あと一駅我慢して動物園前で下りなかったのかを議論していた。
よくも考えたら、2~30浮いていたら迷わなかっただろう。5万程では申し訳ないと思い、だったら増やせばいいという考えからだった。結果ズルズルと二人で10万近く箕面市に寄付する事になった。私は2万、友人は浮いた5万と持ち出し3万やられた。


私もここで言いたい。もうギャンブルはやめる・・・・けどやめられないんだ。

お休みなさい。



↑このページのトップヘ