どうするよ、これから

30代 独身 

やっぱり更新何とかやってくか。
スマホは書きにくいね。

とりあえず初日を終えたよ。
疲れた。

やっぱ、色々と今までの職場との違いを実感してる。
今までの職場は各々名前書いたタイムカード、機械でビービビっカタカタカタっと打刻していたが、大きい会社は何でもI.Dカードで管理なんだね。
首からぶら下げるとか、丸の内のOLだけかと思ってた。
あとは決まりが多いが、総じて会社の印象は柔らかい。まぁ現場はわからんが
ね。運良く同期もいたし、初対面なのにガッツリ話してご飯食べてきたよ。
心強い。

しばらくは、研修研修だね。
挨拶、姿勢や発声、ビジネスマナーなどなんせ新卒気分だよ。

担当曰く、中々しっかりできる人は多くないとか、、基準はわからんがね。
車の運転みたいな感じなんかね。
長くやると、自己流や省きが出てくるのと同じかな。


話がかわるが、久しぶりに実家に帰ったら、何年ぶりかに家族が全員揃った。
車の運転の話になった。
私の家族は、私と上の姉が、運転が苦手でしたくないタイプ。父と下の姉は運転が好きなタイプだ。
言うまでもなく、違反や事故歴があるのは後者で、
お決まりは、無理な運転も多くはなるだろうけど、どちらかと言えば周りに文句を言って運転してる印象だ。

やたらすぐ追い越していく人、次の信号でご対面。
高速ならともかく、道路事情やらは考えてはいないのか?単に前を走って欲しくないだけなのか?
常に文句を言って運転する人、頭沸いてるのか?
縫うように追い越して、楽しんで、運転してるぜ〜って人、その奢りで何人も人死んでるんだよ。
無理な運転やルール守らないのは事故じゃない殺人だよ。

私や上の姉は、小心者なので、スピード出さない、車間を空けるなど用心する性格ではあるのだが、共通して言っていたのは、運がいいだけ、明日は我が身と考えている。
いつも人が出てくるぞ〜気をつけろ〜って感じだ。
未だに、教習所の教科書を車に入れてる。更新の時のビデオとか本とか真面目に聞くし読む。
それでも、いつか事故る、人をひいてしまう、走る凶器だと思って運転してる。

因みに年間走行距離は通勤加減もあるが皆大差無いし、毎日運転してる。

車の運転は性格が出ると言われる。
また上手い下手もあるけど、移動する手段乗り物と考えると、高度な技術は必要なく、過信、奢らない性格の方が間違いなく大事な気がする。

以前の職場の人でそう言う人がいました。
男で軽はダメとか、オートマ免許はあり得ないとか、ゴールド免許になった事ないとか嬉しそうに話してました。
違反罰金でついてないわ〜とかね。
勿論事故歴ありだ。
自分より後に免許とった人の運転してる車は怖くて乗れないとか。

事故ったヤツが何を言うかと。


私は軽だが恥ずかしくはないし、今も乗るし、ゴールド免許だ。
運転が嫌いだから誰のでも平気で乗る。
ミッション車は教習所以外で運転した事ない。
というか人の免許なんて、ミッションとかオートマとかどうでもいいわ。
つーかテメェの時代はオートマ限定とかねぇだろうが、、、、昭和が、、、

すみません暴言失礼しました。お詫びし撤回します。私も昭和生まれでした。

まぁその人女性なんですけど、はっきり言って人間的に嫌いでした。
毎日ブルドーザーで埋めてやりたいとすら思ってましたよ。
結局、経営者の怒りに触れて、説教されたらキレて辞めていきましたね。

あ〜こういう人がいる職場でしか働けないのは自分自身の問題だと思った瞬間でしたね。
それで、だったら転職するかとなった部分もありました。

まぁ結局は私が仕事できないので、色々とね私にも原因があるわけで、人のせいにしてる時点で同じですね。

合唱

暴言失礼しました。













さぁ明日から再々スタートだ。
ネット回線がしばらく引けないためスマホで少し更新する。

トントン拍子に採用されたのは、やはり理由があった。面接時にはその点はもちろん触れられていない。
内定を承諾し、引越しして全て書類の手続きを終え、挨拶に出向いた時に、職場の状態を知らされる。
人員や研修などの環境面はお世辞にも良いとは言えない。
そして何より昔、嫌になって逃げ出した管理者をやらされる事になった。

仕方ない、経歴年齢的にもやらざるをえないのはわかってる。
社員の場合は何かしら肩書きがつく。つかないのは最初の時だけとの事だ。
あくまでも噂らしいが、拒否したり、期待に答えられないと、色々な方法で自主退職の方向へ向かうらしいが本当なんだろうかと不安になる。


もう、仕事できないのにやるしかないのだ。

私は人に指示される方が好きな人間だ。
自分で何でもやりたくないタイプだ。
自分で考えたところで、頭のデキが酷いのでどうにもならない。
考えただけで吐き気がしてきた。


さらに手当てがつくよ〜と言われても、前向きになんかなるわけない。
私のいる業界は、今のところ恵まれていると言われてる、自分自身そう感じる事もある。
だから、ヒラの社員でも贅沢はできないが、生活に困るって話はあまり聞かない。

私は最低限生活できればいい。
お金では釣られない。
金持ちの家ではなかったが、貧乏でもなく、どちらかと言われれば温室育ちだった、苦労もない、ハングリー精神もない。
欲はない。
だから、
出世や肩書きはいらない。
務まらないから。


私もいろんな人のブログをみる。
でも金持ちの人や実家でニートをしてる人のブログに惹かれることがない。
働くとか、出会い系とか、自営とか、死ぬとか、色々書いてるけど響かない。
そんな自分のブログも書いてて中身はないんだが。

やっぱり、余裕でもギリギリでも自身の収入で1人暮らしの人や、家族のために働かなきゃならん人の方が魅力を感じるよ。

まぁ、言うまでもない。  

話がズレたが、私はもう逃げない。
というか、逃げられなくなってしまった。




























ちょっとそこまで・・・
ということで、東北の方まで出かけてきた。

初日は夜行バスで仙台へ向かう。
朝一到着、雨、雨、雨、観光する気が無くなる。
しかし、駅から周辺を散策する。
仙台は一度来たことがあるので、何となく覚えていた感じだった。
一応人口は100万人いるのかな?やっぱりこのくらいの規模の街が一番いいよね。
伊達政宗だったっけ?歴史に疎いのでよくわからず。
久しぶりに夜行バス乗ったけどね、うん、これからは新幹線にするよ。

その後、在来線で福島競馬場へ、
着いてからは馬券よりグルメを中心に楽しむ。
煮込みやら煮込みやらと、今日だけはダイエットを休憩する。

少し場内の散策する。
すると9レースくらいだったか、偶然にも場内でデスモンド氏に会う。

少し競馬の話をしつつも、ほとんど関係ない話をして楽しむ。
馬券は全然当たらなかった。
競馬はもうしばらくいいかな。


その後、夜景ファンのデスモンド氏の希望もあり、近くの山に登る。
ここについてはデスモンド氏のブログに詳しい。が、さらっと紹介していたみたいなのだが、付け加えておくと
向かう途中に迷子になってます。

その後は、駅へ向かい寝床を確保し、食べ放題へ。
すぐ腹がいっぱいになり、お酒もそんなに飲めず、勿体ない感じになってしまった。

翌日は、そうそうに関東へ戻る。
私はラーメン二郎なるものを食べた事がなく、食べに行く。
二郎とは別のようだが、二郎に似せてるお店へ。

感想は・・・
すいません、うん、私ははまれないと思う。
やはり、脂につきる。これは最初はいいが、そのあとすぐに辛くなった。
なんとか完食したんだけど、
デスモンド氏に奢っていただいたにも関わらず、吐きたくなってしまった。
しかし、なんとか休憩し持ちこたえた。

そのあと、簡易宿泊所ファンのデスモンド氏とともに、山谷と呼ばれるところを散策。
うん、やたらカラーテレビを全面にだすよね。値段はやはり東京にしたらかなり安いのかな。

そのあとは、昔の遊郭が近くにあるようで、ぶらぶらする。
ここは予想していたのと同じ感じだった。
お風呂屋さんってしばらく行ってないな、自分の中でご褒美的な感覚がある。


そのあとは、歩き疲れてしまったため、解散することに。
帰りは面倒くさいので、新幹線で帰りました。


わかりにくい内容で申し訳ない。


少しブログの更新をお休みします。
また、落ち着いたら再開する予定です。











↑このページのトップヘ