どうするよ、これから

30代 独身 

結局のところ、この部分が自分自身一番生きづらくしている。
自信がもてないのがその原因の一つではあるのは言うまでもないんだが、ここでもまた他人はどう対処していくんだろうかと気になってしまう。やはり他人と比べたり、その目を気にしている。
目を向けるべきは自分自身ではあるのだが、何度意識してもこの部分が一番難しい。
小さい頃から、みんなができる事が出来なかったと思う事が多い。
周りができて、自分にはできない事が多いと、ただ単に自信を持てと言われたところでどうにもならない。

自己啓発本の類というか、メンタルトレーニングの記事を見ると、小さな成功体験を積み重ねて自信をつけていくという方法がある。この手の事を真面目に取り組んでみたいと思い、自分なりにやってみた過去があった。
確かに小さな事はできる事が多くなった気がする。ただそれは、細かい事は省くが、例えば一人で自転車や車の運転ができるようになったとかそんなレベルであって、自分が望むような事を達成できる訳ではなかった。やはり、できない事ができるようになるには、それらと真剣に向き合わないとどうにもならないし、取り組んだからといってできるようになるとも限らないものに注力しなきゃならない。かなりメンタルがいる。やはり自分と向き合う瞬間だ。

最近自分が欲しいものは何だったんだと考える事がある。中々言葉ではっきりと表す事が出来ないものだけど、イメージとしては、小学生の頃いろんな事を習うと思う。例えば、、逆上がりや跳び箱だったり、泳ぎ方だったり、運動神経の話ではなくてね。要はだいたいの人がすぐできるように自分もできればいいのだ。器用な人間なんだろうか・・・ただ、特別な事はできなくてもよくて、ただ普通の人ができる事・・・その能力みたいなものだろうか。
何回もやってできるようになるのではなくて、普通のレベルでできるようになりたいのだ。自動車教習所に例えると、ストレートに行く人が9割くらいだとすれば、その9割に入りたいわけだ。
生涯独身の人が増えているらしいが、それでも現状結婚する人の方が多いわけだ。やはりもれなく自分は結婚したい人間ではある。

この手の話をすると、普通って何?と言われる事が多いが、はっきりとは説明できないんだけど、上の例の様な事だわな。仮にそれができてもどうなんだ?とか、つまらん人生だと思う人もいるだろうが、いつも何もできない人間は普通の事ができるようになるだけで、人生明るくなるもんだ。
ただ、すべてはないものねだりとも思うけどね。

病気をしていれば、健康な人に憧れる。そう考えると自分自身は治したいところだらけだが、特別病院にお世話になる事もない。また今は金銭的に追い込まれて、パンツが買えないわけでもない事を考えると恵まれてるのは間違いないか。








完全にパクりの感じではあるのだけれど、2月より1年間の期間を設定し自分も変化できるようにと過ごしている。
さて、このブログの最終目標は結婚するという流れでやっていくつもりだ。
少なくとも1年間で目途が立てばとは思っているが、まず第一関門としては収入の安定だが、クビにならない限りは続けていくつもりだ。
後は人と接する機会を増やさないとどうにもならないな。ここからか・・・
とりあえず、連絡先が入ってる人に久しぶりに連絡してみるか・・・婚活パーティーはかなり自分の中でハードルが高いが、1回は行ってみるか・・・社会人サークルに入ってみるか・・・開き直って友人に頼んで紹介してもらうか・・・

思いつく分可能性は広がるのだろうか・・・

それと、これもパクりだが、やはりダイエットは必須だな。仕事でも体力はある方がいいのと、やはり太っていてはいいこともない。
できれば、いつ脱いでもいい体にしておきたい。

追って報告していく。
気持ち悪いブログだが、気になったら覗いてください。



↑このページのトップヘ